マーティーとギターバトル2006/02/15 01:49

マーティーが使ってからそのままにしてあります
マーティーのために2台のギター.....ギブソンのレスポールとフェンダーのテレキャスターを準備しておきました。”どちらでもどうぞ”....私、”やっぱりギブソンでしょう”.....マーティー。マーティーがちょうどよいポジションにギターをかかえて”ここでオネガイシマス”といった長さはピンからピンまで124cmのところでストラップを調整。ボロいストラップでごめんね!!

マーティーとギターバトル2006/02/23 00:06

アンプとギター
マーティーに使ってもらうギターを2台用意しました。1台はGIBSONのレスポールで、元はシングルタイプのPUがついていたのですが、ESPにて今のハムバッキングタイプに替えてもらいました。テレキャスターもPUをディマジオに交換してあります。マーティーはGIBSONを選びました。アンプは右下にあるVIBROKINGをと思っていましたがトラブルが発覚して、上にあるCONCERTに変更しました。後でわかったのですが、マーティーの立ち位置は舞台に向かって右なんですね。いつも私が右にいるので今回は左側に立ってもらいました。本人は一言もそのことについては口にしませんでした、けっこう気になることなんですけどね。

マーティーとギターバトル2006/02/27 18:18

バトルだ!
HPにも書いていますが、ギターではバトルは無理だろうと思い、私はサイドギターにまわるつもりで曲目もT氏から”マーティーは古い曲やPOPSが好きだよ”と聞いていたので、あえてソロのない曲目を選んでおきました。実際リハーサルに入るとかなり本人のノリが違う方向に向いています。曲間でもブルースの遊びフレーズがバンバンで私がちょっとスケールを弾きますと間髪いれずに同じフレーズをかぶせてきます。アレちょっとちがうんじゃないのT君って感じです。MEGADETHの曲でも練習しておけばよかったのかい?終わってからも、せっかくやったBORN TO BE WILDでもっとハデにアドリブいれてもよかったなあ....なんて後悔してます。我々はやっぱり田舎もんですね、遠慮はしっかりしてます。まあそれにしてもマーティーの人柄で、相手に威圧的な面を全くみせなくて、とてもやりやすいですね、ほんとうにいいやつです。いっしょにいる時はいつもいっしょにやってるギター弾きって感じで、世界のギターリストとは思えない(勝手な解釈かも)気さくさでした。でもウデは一流ですね。