日誌2006/05/01 13:11

1日です、今日は黄砂きてます。こんな日は外にはあまりでたくないですね。昨日から雨が降ったので増水しているでしょう、ってことは大物狙いにはいいんですけど砂は吸いたくないです。明日U君とでかける予定ですが、お天気が気になります。3日はバーベキューやることにしました。その後また機会があれば釣りにでるかもしれません、何か釣れたらまた書き込みます。とりあえず黄砂情報でした。

日誌(バーベキュー)2006/05/05 01:27

3日、ようやく屋外食事会ができました。とてもいいお天気で、釣りにはちょっと良すぎですが、バーベキューには最適です。U君はこちらには参加せず、内海府S川へ行ったそうです。9日間いるのなら、こっちの食事会も佐渡らしい材料がでてくるのでちょっと抜けて参加したほうがよかったかも?

バーベキュー22006/05/05 01:35

友人(HPにコーナーあり)の加藤さん提供の牡蠣をカラのまま焼いています。最初は普通に焼肉だったんですが、後半は大きな牡蠣の登場でビールもすすみました。カラが爆発するので要注意、ほどよく焼けると絶品です。明日はU君に同行予定ですがお天気まだよさそうです、困ったな!

日誌2006/05/05 01:41

4日です。U君とおでかけです。まず外海府I川へ....定番の川なのできっと大勢の人が....来てました。ざっと見た車が5台ほど、中にはキャンプみたいな感じの車もいます。支流はと思いそれでも先にすすんでみましたが、その付近にも車が止まっています。仕方ないので、支流のもっと上へと思い、別な道から回り込みました。久しぶりなので道がちょっと分からなくなり、農作業の人に聞いて見ました。外海府の人は親切ですね、いやな顔をせず教えてくれました。でも砂防ができてるので釣れないかもとのこと、まあいってみようということで現場まで走らせました。何匹か釣れたのですが、おじさんの言っていた砂防がすごいことになっていました。1kmぐらいの間になんと10個(?)ぐらい砂防ダムができています。U君も山梨あたりでもこんなに密集したダムは見たこと無いと言ってました。ほんとうにがっかりですね、もうここには来る事はないでしょう。やはり釣り場はどんどん減っていくでしょうね。その後名前もしらない裏技的川に寄ってU君が30cmくらいのをGET,その後いつものN川へ行きますと、一人先客が 餌釣りとのことなので構わず同じところへはいったところ、雪解けによる増水のせいか影響はあまりなくポツポツ釣れました。私もちょっと大きめ(40以上はありました)のを釣り逃がしましたが、まあまあ楽しめました。U君は明日(5日)帰るそうですが、またいつでも歓迎です。でも人が来ない時期のほうがいいんですけどね。

日誌2006/05/10 00:26

さて今日も(9日)朝は霧が残っていましたが、それにしても昨日の霧は当地としては強烈でした。50mぐらいはなんとか見えるんですが、夜なんかは車を走らせるのがコワイくらいでした。さて、お天気をみながら同行できるカメラマンをみつけてビデオ撮りを検討しています。でかいのを釣るところがうまく撮れれば是非短時間でも観られるコーナーをHPの方へのっけたいとおもっています。山菜採りも、となりの従兄弟に誘われているので近日中に行く予定です。アクセス解析によるとかなりの人がみてくれているみたいですね....こっちのブログのほうは釣りに直接関係ない話題も混じりますが、当地(個人的にですが)の様子が少しでも伝わるようにと思いながら書き込んでいます。 今日のニュースで朱鷺を自然放鳥する目安の100羽まであと一羽となったそうです。どんどん増えていく朱鷺ですが、どんどん減っていく釣り場と人口そして収入(?)の佐渡ヶ島です、ほんとに最後は朱鷺(だけ)の島になるかも?

日誌2006/05/11 22:11

さて本日(11日)さっそく相棒なしでビデオ撮り挑戦してきましたが本人にとってはかなり悲惨な(予測はしてたんですが)結果となりました。昨日はけっこうな雨だったんで魚君達もGWのことはきっと忘れているだろうと思い、内海府北部地域の川までお昼を食べずにちょいと行ってきました。いつもの支度と軽めの三脚、ビデオキャメラをケースに入れて肩から下げてはいりました。

日誌2006/05/11 22:19

結果は....30cmくらいのはGETしたところもしっかり捕らえています。かなりでかいの(私の場合ですと40cm以上です...ちょっと自慢っぽい?)が2匹あたったんですがうまく逃げられてしまいました。釣り逃がしはどちらもミノーが小さすぎたんですね。付いてる針も小さいです、もっとでかいミノーってないんですかね。重くて沈みぎみのがあるといいんですけど、地元の釣具屋さんにはありませんでした。まあ次回何かアイデアを考えてTRYしてみましょう、急ぐ事はないです。そこで悲惨だったのはせっかく撮ったビデオを予想通り最後のタマリで水につけてしまいました。ちょっと目をはなした隙に、せこい三脚のせいか、水流に押されてポッチャです。やっちゃったよ どうしましょう、今わたしの机の上でバラバラになってます。ドライヤーで乾かしてみたんですが......テープも入ったままです。釣り逃がしの2匹もちゃんと映ってるんですけど。とりあえずその時撮ったデジカメの(30cmのやつ)写真いれときます。

日誌(ビデオ撮り)2006/05/19 20:31

昨日友人をひとり調達して、ビデオをまわしてもらいながら外海府の川まで行ってきました。もちろん、ビデオが観られるようになるには、もう少し時間がかかると思いますので、とりあえずデジカメで撮った写真をいれておきます。お天気がよかったのでまず大物は出ないと思っていましたが....やはりでません。だってどのタマリもきれいに透き通っていて中が丸見え状態なんですよ。こんな時にでかいのがのそっとでてくる事はまずないですね。それでも30cmくらのが数匹顔をだしてくれました。小さいのと合わせると10匹ぐらいはでてくれました。友人のI君、機械には慣れているはずなんですが、やってくれました。運動会で子供のビデオを撮ってる時よくやるやつですよ...カメラを下にしている時にSWがONで被写体に向けた時にOFF.....これを30cmのヤツの時やっちゃいました。私の水ポッチャよりはいいですけど....また行かなくては。でも他の場面は撮れている様なのでアップできるようチャレンジしてみます。今日は台風の影響で雨が降ってます。こんな時こそ大物なんですが、ビデオカメラ(当然防水ではないので)は無理ですね、難しいです。さて写真の岩魚君尻尾のほうが見えてませんけど、早く水にかえせと振ってるのでうまく写ってないんですね。

日誌(ビデオ撮り)2006/05/20 00:13

さてこの写真はI君が遠くから撮ってくれたものですが、いつもの通りGWを過ぎた頃になると長靴や胸まであるヤツ(なんていうんですかね?)はやめてそのままザブザブはいっています。もちろん替えのズボンやシャツ、一応下着も持って行きますがめったに転んだりすることはありません。靴はフェルトが貼ってあるものに、砂などが入り込まないように折り返しのついた(名前は分かりませんが)インナーを履いています。写真のような場所なんかはけっこう滑りやすいですね。、つい飛びたくなったりしますがそれは危ないです。急がば廻れで、すぐ手前も勿論ですが必ず先を見て遠回りでも安全第一で行きましょう。釣りをやらない同行者がいないとこの様な写真は撮れないですね。ふつうはこんなことしないで竿振ってます。

日誌(道)2006/05/20 23:57

釣り終わってから帰路につく時に川沿いに道があるとたいへん楽に帰れます。ドンデン山を超える道と、石名=和木の間にある道は外海府と内海府を結んでいるのでこれまた便利なんですがなぜかドンデンコースは、いつも冬が終わってから(大雨でも)落石の処理ができずに不通になっていることが多いですね。石名線はりっぱな舗装がされていて不通にさえならなければみなさんにも使いやすい道でしょう。さて写真のような道は山超えできる道ではないのですが、どこかに車を止めておいて釣り終わった時に戻る”はいりやすい川”の道ってことになりますか。どなたでも割と安全にはいれる川ですね。集落の中にある川はだいたいこのような道が川沿いにあります。車は軽がベストです。大きな車は置く場所や方向転換など、不便なことのほうが多いでしょう。まあ、川釣りで車の事故は聞いたことがないので然程心配する必要はないですね。島外の方は佐渡までくるのが”軽”ってのはキツイかも?埼玉から軽で来た人が”高速きついです”と言ってました。