Swinging Guitars2007/10/02 00:30

日本グラモフォン LPC-1032 1000円ですね。

スインギング・ギター がタイトルで、ジャディー カーバー(スティール ギター) ジョニー・カッシー(スパニッシュ ギター) をフューチャーしています。

かなり珍しい盤ですね、キャラバン、枯葉、ブラジル、ミザルーなどがはいってます。もちろんモノラルですが ちゃんとした音で再生できます。

ギター弾きにはかなり参考になる盤です。とうぜん解説(石原康行)も昔なので”スパニッシュ ギター”なんて表現使ってますが、ストラトですよ しかもメイプル ネックです、カッコいいな!

アンプは何を使ってるか分かりませんが、音はストレートですからダイレクトに突っ込んでるんでしょう。当時はエフェクターなんかなかったはずですから。

FENを聴いていて、シャンティーズのパイプラインに衝撃を受けた時は”自分でやりたい”と思った時ですが、レス ポールやチェット アトキンス、そしてこのレコード聴いていた時はただ好きで聴いていただけで、自分でできるとは思わなかった。そうですね....この頃はドラムやベースなどのリズム隊はまだはいっていなかったですね。

だからバンドとしては捕らえられない、あくまでも個人プレーってことですな。でもこれにベースとドラム、ちょいとキーボードいれると面白いものになるかな?今でも十分通用するレベルです、昔の人達ってスゴイぞ。  25cm盤

The Beginning British Blues2007/10/03 00:17

さて今まではどちらかと言うとJAZZ系でしたが、今回はブリティシュ ブルースです。

Jeff Beck/Cyril Davies/Eric Clapton/Jimmy Page/Stuff Smith/Santa Barbera Machine HeadそしてThe All Starsとなってます。

20歳前で ベンチャーズのNokieさんや寺内タケシをコピーしすぎていたせいか、ドップリとロックやブルースにはまり込んでいった周りの音楽好きが ”おまえのギターいいんだけど なんか違うな 味がないな” なんていっても、反論できません。

そうジミヘンとかLZやっても うーんちがうな。コピーはちゃんとやってるんですがね、やっぱりブルースをきっちりやらないとだめだな......そこで本格的黒人ブルース聴いたけど、パワーと感性が違いすぎ、じゃー一歩手前で何かないか と銀座のヤマハでみつけたのがこのレコードです。

これでなんとかじょんがら節から抜け出そうとコピー始めました。まあ思ったほどハッキリした曲がなくて とりあえず入り口になったレコードですね。

楽譜は読めないので(釣りと同じ我流です)正確な言葉は知りませんが、ブルーノートやペンタトニックのスケールを半音はずしたり、微妙なチョーキングの要領が分かると.....おーけっこう雰囲気でるね。

でもテクニック的にはベンチャーズや寺内タケシなんかは相当なもの、じょんがらのピッキングできればハイウェイスターなんか問題なし....今のPギルバートにもつながりますね。

やはりウデ(テクニック)をつけておかないとフィーリングを理解しても表現できないですから始めはこっちかな?もっとも早ければいいてわけじゃなけど、ライブとかやってるとつい負けたくねーって思っちゃう。

そうそうブルースだ ニュアンスの勉強だったね、どっぷり漬かるんだったら黒人のブルースが一番ですが どうしても表現できないな。今は沢山参考になる材料があっていいね、昭和40~50年代は乏しかったんです。

これは輸入盤 Columbia record Z12 52 018 IMMEDIATE きれいな状態です。

LAからお客さんが2007/10/03 18:57

昨日トロピカーナに ちょっと毛色の違うお客さんが入ってきました。

どうも雰囲気が中国人って感じ、”何にしますか?”と聞きますと、”ホット コーヒーお願いします” 多少日本語分かるようです。

時間が経ってから聞いて見ますと、中国系ベトナム人、でもアメリカ国籍で中国語もベトナム語も分からないそうです。英語、フランス語がメインみたい。

日本には3ヶ月前に仕事で横浜に来たそうで、明後日LAに帰る前に佐渡へ観光で来たそうです。何もプランはないそうなので、いつもの時間帯(AM10:00~PM2:00)ならその辺まわってあげましょうってことで 能舞台や無名の神社、GASを入れて相川へ。

セサミで飲み物とお弁当を買って、尖閣湾などを外から観て、私のフィールドT川へ入って、クーラーバッグをテーブル代わりにしてお食事を。

御本人 何処も大変喜びまして、”Oh,I'm lucky ....amazing!!"を連発してます。やはり 特にT川には感動してました。自然がきれいで癒される、ぜったいハワイよりきれいだなんてね。

LAにきたらカタリナ島やどこかの山にハイキングに連れていってくれるそうです。私もロスの道なんかけっこう知ってるので、ビックリしてましたね。乗ってる車はBMWの5だそうです、ここでの支払いもカードやキャッシュで全部払ってくれて RICHね。

そして最後に例の牡蠣の加藤君のところに ちょうど写真家Kさんがパノラマ写真”加茂湖”を撮りに来てます。Daniel(外人さん)君と共に参加.......そこでこのスナップを撮りました。

町民運動会2007/10/07 18:47

今日は運動会でPAです。

いいお天気です、ここ3年間は雨で 体育館の中でした。やっと晴れたね、やっぱり気分はゼンゼン違うな。

ただし、当方としては屋内の方が、運ぶ量もシステムのつくりかたも楽ですけど。終わってからミキサーやアンプの上にはけっこうな土埃が.......。

TOAのSPを片側3本づつ計6本をスタンドに。アンプはRAMSA、ミキサーは小型のYAMAHAで、めんどうなのとコード類が汚れるのでマイクは全部ワイアレスです、まあこのままカラオケ大会やっても十分使えます。

私のすぐ前にいるアナウンサーさんもワイアレス、そう距離にして1mかな、これだけ近いと電池がなくなる寸前でも届きますよ。

スターターはヘッドセットタイプのをつけて、実況放送も兼ねると臨場感があっていいですね。最近はジョークまではいって最高、町民運動会はこんなのがいいです、競技会じゃないからね。そしてボランティアなので残念ながらお金にはなりませんでした。

やっぱり雨はドンときてません。そう 紅葉もまだです。

Hi-Fi in Focus/Chet Atkins2007/10/07 19:12

チェット アトキンスのハイファイ イン フォーカス、ビクター レコードでLS-5058です。

これはけっこう有名なレコードですよね、ベンチャーズがこのレコードのWalk don't run やLullaby of The Leaves(木の葉の子守唄)を参考にしてアレンジしたなんていわれてます。

私もツェッペリンの最初のコンサートを武道館へみにいった時、ギター ソロの途中でJペイジがこのレコードの中の”バッハのブーレ”をパクッてのを聴いてビックリ。

その時会場で”これを分かってるやつはいないだろう”って心の中で自慢してました。まあ後でいろいろトピックにはなりましたけど、ロックといっても色々なものを聴いたりパクッてるんだななんて思いました。

今でもこんなの弾きたいと思ってますが、難しいですねこれは。クラッシックに近いのかな?5.6弦あたりでベースを刻みながらメロディーとコードを一緒に弾いてます。重ねてるのか 一発か分かりませんが、重ねたとしてもレス ポールみたいなやり方ではなく チェット アトキンス独自のスタイルですよね。

個人的には最後の曲(Little Music Box)が弾きたいですね、いつかチャレンジしてみよう!

渓流での釣り方2007/10/08 19:18

渓相
今年は例のNHKのロケで 珠緒ちゃんと普段はやらない餌釣りを、ブラザーB君に同行してフライを見ていたら思い出して 後日なんとなく久しぶりにフライをひっぱりだしてやってみたり、もちろん通常はルアーですけどね......。

どの釣り方も長所があるので”一長一短”ってことですか?当地では、まだ基本的な状態でかろうじてですが自然が残ってるので、この釣り方を一つずつお試しできます。ほぼ同一条件で試せるので特徴がよく分かりますね。

他の釣り人(エサやフライ)と同行していても参考になりますが、一人でゆっくりやってみる(色々な釣り方)ともっといいです。

おおもの狙いか、いや数が欲しいのか、景色と魚が飛びつくところを見ながらがいいのか、ロッドを思いっきり振りたいのか?

自分のスタイルを頑なに守る人も多いでしょうが、私のスタイルは臨機応変、まあ何でもいいですね。地形や気象条件、水量や日差しをみながらつり方を決めるのもいいじゃない?

フライでロッドを振りたくて、ドライで大物(40cm以上)?無理じゃない?まあどうしてもならユウマズメに堰堤か滝あたりへ行けばなんとかなるか?

エサ釣りだって あの仕掛けで50cmがきても、あげるのは無理じゃない?でも魚が一番確実にくいつくでしょうね、アピール次第だけどね 大物は。

ルアーは確実に追いかけてはくるけど、見破られると見るだけで帰っちゃう、まして水量がなければこれまた難しい。

自分にとっては 地元で一番トータルバランスがいいのでルアーが多いんですね、意外と狭い川でいけるのです。それとお金もかからない、一度買ったら壊れるまで使える”エコ”だ!余程じゃない限り 底に引っかかっても回収する。たまには自分のか、人のか、川底で拾ったり.....ラッキーこれも使える、これは交番に届けなくてもいいでしょう?

他に趣味がけっこうあるので、釣りだけにお金をかけられないってのもあるんですが、このへんは人それぞれ。シンプルな道具でも楽しめるってことはやっぱり自然のおかげですね。

釣ったあとでリリースするのも 持ち帰るのも自由ですが、同級生の釣り師が、私の後ろで隠れるように釣った岩魚の頭を叩いてるのをみると、やっぱりガッカリするね。

釣りながら守るのって元々矛盾してるかもしれないけど、バランスをとることは出来るんじゃないかな。

さて今日は久しぶりの雨、昨日じゃなくてよかったね、運動会今日だったら体育館の4年目だったな。

2007/10/09 22:36

柿
さて運動会で使った道具(PA)で、しばらくは使わなそうな物を 新穂のTさん家の納屋まで持って行きました。

車を降りて振り向くと、あら柿がなってます。一部はもう鳥が突付いてボロボロです。

渋柿じゃないのかな? 気温もだいぶ下がってきて、夜は寒いくらいになりました。このコーナーもリアルタイムの釣り日誌ではなくなりますが、トピックを見つけたら適当に書き込む予定です。

以前のものでも いい写真があったらのっけますね。そうそう海の方はおいしそうな魚が釣れてるみたいですよ、海釣り派にはいい時期みたいですね。そのうち鯵でも釣りに行きますか。

Trio Los Panchos en Tokyo2007/10/11 00:40

TRIO LOS PANCHOS EN TOKYO
昔は定番の曲、そしてバンド トリオ ロス パンチョス、タイトルは ”東京の・・・・”になってます。

コロムビア レコード SL-3031 バックを東京キューバン ボーイズがやってます、こちらも有名なバンドですね。

キサス キサス キサスの”ヤシパ サンロ ディアス........”とかいう歌詞もしっかり記憶に残ってまして 全曲いっしょに歌えそう。
母親がやってた店では頻繁にかかっていたレコードのひとつです。

日本の歌、南国土佐を後にして、さくらさくら、支那(変換に出てこないね)の夜などと、定番のキサスやキエン セラ、ラ マラゲーニャ、シボネーなどが収められています。

中に歌詞カードもはいって、スペイン語と日本語訳付です。

Can/TAGO-MAGO2007/10/13 00:09

CAN/TAGO-MAGO
東芝 LP-93025B この頃は多分プログレッシブ ロックの分野に入っていたと思います。

でもロックじゃないな、どっちかっていうとジャズのほうに近いね。まあヨーロッパって感じ出てますが 正直ほとんど聴いてない盤です。

東京のレコード、楽器の会社にいた時に販促物としてもらったものなので 見本盤です。他にも当時はたくさん見本盤もらいましたね。

特に珍しいと思ったのは......キャロルの まだドラマーが決まってない時、販促用にもらったLPは スタッフが後ろ向きで(他のメンバーは前向いてますよ)スティックを持った状態で写ってるやつ、見本盤に初来日とプリントされたストーンズのLP....結局来なかったですね、麻薬問題で。

さて このカン(キャンじゃない)のLP、ちゃんと聴いてないので音の感想はなし、ジャケットの紹介ってことで。

Fly Fishing2007/10/14 01:58

フライで岩魚
だいぶ涼しくなりました、今夜は長袖シャツの上にトレーナーを着てトロピへ行きました。

お昼は知り合いの家族(大人女性、中3男子、中1?女子)を連れてピクニック気分でお弁当も持って内海府S川へ.......。

紅葉はまだですがみなさん きれいだと喜んで、来週の日曜日も行きたいとリクエストあり、山歩きでもしてみようかと考えています。

さて写真は前回U君に同行した時に撮ったものです、この時はフライでいってみましたが これも楽しいですね。自分で巻いたりするほど凝ってはいないので できあいの派手目で大きめな物(名前などは知らない)を適当にくっつけてやってます。

TVをみていたら伊勢正三さんがでていて、フライを作ったりウンチクを述べていました。けっこう微妙なんですね、その土地や時期、季節に合わせていろいろな形のものを作って、それで釣れるとBESTなんですね。

佐渡には来た事あるのかな? ここでやったらギャップにおどろくかもね? 彼のと比べたら私のなんかデタラメですもんね。

来年も いい時期になったらフライでちょいとでかいのを狙ってみますか!