オニヤンマだね2008/07/03 02:20

オニヤンマ
なんということでしょう....毎日快晴で雨が降りません。

ぜんぜん梅雨じゃないね、爽やかなお天気は 良い睡眠をもたらしますが、釣りのことを考えるとちょっとガッカリ。


裏庭(チッチャイ)のサクランボの木に鳥が来て食べるから サクランボがないんだと思ってたけど、どうも受粉してないからみたい。

網を買ってきて囲ってみたけど ヤッパリないや、しかたないのでジャマになった網をだいぶ切って撤去したんですが、全部はとりきれない。

残りをどうやってはずそうか考えながら 見てたら、でかいトンボがとまってました。オニヤンマですね、”つりの旅”のロケの時 スタッフが網ででかい虫をすくって”これなんですかね?” って聞いてきたけど、その時は分からなかった....あとで誰かが”それはオニヤンマのヤゴだろう”と  そんなとこから飛んできたのかな??でもおおきなムギワラトンボ??それにしてはデカイ。

来週はお客さんが来るようです、U君はいつかな? みなさんいいタイミングでありますよう!

またまた大きめだ2008/07/04 00:33

大きな岩魚
昨夜 NPO関係で呼び出されまして、金井にできた専門学校まで行って来ました。

ミーティングに関しては別にNPOのコーナーにしまして、その時に着ていった下着のTシャツ....首の所に穴があいてたみたい。帰ってから家内が見つけて”みっともない”と。ポロシャツは気張ってベネトンだったのにね。

今朝もめんどうなのでそのまま着て出たら、トロピで見つかりブツブツ言われました。着替えてこいといわれてもなにかそのままは気が乗らない、そこでひらめきました。

昨夜から雨模様、しばらく釣りに出てないし、そうだ買い物帰りのコースでイッパツやっちゃえば濡れるし汗もかきそうだし、それで着替えればエコ(?)じゃないか、じゃないな一挙両得かな、苦しいか?

ってことで3.40分コースに着替えを持って、買い物前に行ってきました。やっぱり雨でも水量は極端に少ないな。U君からもらったメーカーはよく分からんけど、小さめ(3g)のスピナーをつけて 最初の堰堤 応答なし。

少し登って(車で) 最初の淵 こまいのばかり、でも動く気あるんだ。そして変形の堰堤 水中丸見え状態 そうか もしいたらきっと岩の下に隠れてるね。

けっこうど真ん中まで歩いて移動 ゆっくり沈めて3投目に 案の定 大きな岩の下から急上昇してパクリ 流れが弱いのでとてもよく姿が見えて面白かった。

もちろん雨模様なのでカメラは持っていません、釣り上げてから携帯で撮りました。この上の堰堤でも35cmくらいのが釣れた。これは堰堤の上に立って堰堤沿いに巻いてたらきました、写真はパス 携帯が濡れる方がコワイから。

でかい方は45cmまではなさそう、でも40cm以上はあるな、メージャー持ってないので計ってないけど。

日誌不採用写真12008/07/05 00:25

岩魚写真
携帯で撮った写真が何枚かありますので、こちらにアップします。

こうやってでてくる岩魚君たちって 以前に釣れたやつなのか、初めてなのか外見では分かりませんね。

もちろん他の釣り人に釣られた経験があるってやつもいるでしょうけど?同じような場所ででてくると、どうも以前会ったような気がしないでもないですね。

そして同じヤツかなと思うと、ちょっと新鮮味に欠けるな。狭い佐渡だからこれはしょうがないけど。

写真のアップを撮ってると ”おいおいまたお前かよ!” なんて言ってるような......。

日誌不採用22008/07/05 00:39

岩魚写真2
リリース 釣り上げてから素早く戻せば元気がいい 災難も早く忘れてくれるかも?

日誌不採用32008/07/05 00:42

岩魚写真3
とてもきれいな顔ですね、体にキズもなくって美男子さん 今風にイケメンかな?

日誌不採用42008/07/05 00:45

岩魚しゃしん4
リリース後 足元の小さなタマリに放したので、ひとつ上の元居た落ち込みに戻ろうと流れに待機中。

Dive2008/07/08 00:42

diveの後
多分今はないと思いますが、ロスのセチュリープラザのサンタモニカブールバード側にDIVEというレストランがありました。

潜水艦がコンセプトで 水中にいるようなつくりで子供が喜んでいた記憶が......、さて今回U君と来島中のN氏とK氏 二人ともフライ派です。

外見から判断すると みなさん(今まで来た人達も)同じような釣り師としか見えません。みなさん立派な道具といでたちですから、私の仲間は 私も含めてみなシンプル(まあ貧乏そうってことか)なので余計そう見えるのかな?

そして今回、同行中に拝見してますと K氏はスムーズに動いていますが、N氏が多少フラつき気味です。伺いますとN氏は都会育ちで、どうも山の中は慣れてないみたい。

きっとゆったりした河川でやってるんでしょう、でも小さくても佐渡はそれなりに山の中って雰囲気なんですね。

そしてNさん やってしまいましたDIVEを.....わたしも何回か崖をすべったり水中に転落したりはしてますが、NさんのはみごとなDIVEでした。

始めてみせていただいたDIVEですが、聞きますと 掴まった木が枯れてたらしいんです。あてにしていたのがスカで 狭い崖の途中ですとバランスを崩しやすい。

数メートル落下してみごとなDIVE、音がして振り返りますとNさん 平泳ぎしてました。まあ暑いので気持ちよかったそうですが、落下の祭はきっとビックリしたことでしょう。

ここ佐渡では命に関わるほどの危険な場所はまずないので、そっちの心配はしていませんが、顔や腕などを切ったり 落下時に足などをケガすることもありますから みなさんやはり慎重に移動してください。

ロッド類はOK さすが都会派で、携帯もカメラも防水ですって。まあサングラスはどうも水中に置いてきたらしいですけど。

写真はU君が手伝いながら衣類を絞ってる所ですね。もちろん引き返すこともなく、このまま上流部に向かって釣り続けた4人でした。

すこやか両津/七夕コンサート2008/07/09 22:21

七夕コンサート
本日9日 お約束していた介護施設”すこやか両津”で、七夕コンサートをやってきました。

曲目は1.北酒場 2.いい日旅立ち 3.雪国 4.愛燦燦 5.星影のワルツ 6.天城越え 7.涙そうそう 8.北国の春 9.川の流れのように ....軍歌のリクエストがあったので 異国の丘 戦友 同期の桜 を  童謡も 赤とんぼ 月の砂漠 古里 の3曲も。

予定していたPAさん やっぱり来なかったので、仲間のNPOメンバー 牡蠣の加藤君がPAエンジニアに変身。

生ギターが2台 私はエレアコで、Voは2本のSM58(マイクですよ)で、楽器は57を3本です。ミキサーは8chでリバーブ内蔵を使用、シャベリの時だけ切ってもらいました。けっこう本人自信が付いたみたい。

どういう受け取られ方をするか心配ですが、けっこう評判は良かったみたいで一安心。痴呆が見られる人も表情が違っていたと言う話も、また涙を流している人もいたようです。

軍歌かな? 我われも同じですが 青春時代に耳に入ってきた音楽って年をとればとるほど蘇ります。きっと若い頃を思い出したんでしょう、当方の音楽技術による物ではないでしょうけどね。

みなさんの手作りティシュを一箱づつお礼にいただいて帰りました。おとなりの”歌代の里” (もう少し重度の施設)の関係者が来ていたそうで、そちらからもリクエストがありそうです。

どうせ練習してるんで、どちらへでも行っちゃいますよ 喜んでもらえるならね、だってもう少ししたら私もあちら側です、今のうちさ。

またまた写真は 一番がんばってるギター部隊が写ってません、私は何でも屋ですが、他の2名一応ロックバンドなので 曲を憶えるのは大変なんです、だからありがたい!

グヤトーン/マロリー2008/07/12 01:03

グヤトーンのマロリー
おー 久しぶりに帰ってきましたマロリーが.....。

私は元々コレクターではないので、気に入らなくなると割とアッサリなんでも手放します。

もちろん気に入ってる物は別ですけどね。さてこのシブイギター かなり前に誰かに譲った事は憶えてましたが、誰だったかなー?って 思い出せなかった。

いつものエレシャン(頼まれギター)というバンド、長い間お手伝いしていて当然長い付き合いなんですが、ここのN君が持っていたとはね!!

この前の練習日に なんとその場所に置いてあるじゃないですか、おーお前さんだったんか?懐かしいなー ちょっと貸して?使ってないのでどうぞですって。一応身代わりに私のテレキャス借りたいそうなので、しばし交換ってことで  今は私の部屋に置いてあります。

さて弾いてみますと、あらやっぱり譲った理由が分かった、いや蘇ったな。音はちょっとクランチなんかだといいんですが、どうしてもチョーキングなどで弦が指からこぼれます。

なにかな??? ダバス(ブリッジ)のせいかも?もうちょっと研究してみましょう、ネックの太さも握り具合もいいので、少しいじって見ましょうか。そうダバスではなんくてバダスがホントかな?

ノブやピックアップよく見てください、みんなオリジナルです。これはお金がかかってますね、普通は鋳物屋さん等の工場にある型のなかから選びます。新たに型を起こすと高くなるんで、大体はある物のなかからピックアップしてます。

2ボリューム1トーンも面白いね、そういえばこのギターは試作品でした、この頃は私が試奏やっていたので懐かしいな。亡くなりましたが 大御所さんのエンドースは成毛滋さんでしたね、日常は私がよくグヤに出入りしていたので結構参加してました。

まあこちらもいっぱいSPやアンプ、パーツをもらってラッキーでした。SPはトクデン、ナショ、ビクターなどいろいろ鳴き比べて、どれをアンプにいれるかなんてやってました。終わったらもらえるんで社員みたいに通ってたな.....そいいえば フェンダーのツインリバーブをバラして 2200(アンプ)の参考にしていて、どうしても オックスフォードのSPだったんですが、グヤ(自分で購入した)のは飛ぶのに、なぜかフェンダーのは同じ規格なのに飛ばないって怒ってました、だから当時の2200のアンプにはツインリバーブからパクッたオックスフォードのSPが付いていました。

さてマロリーネタとしては、先日(2009年5月)イギリスからメールがありまして 当時の詳しい事情が知りたいと言う日本人の方からのリクエストです。御本人がロリー ギャラガーとお知り合いだそうで、彼とマロリーの繋がりでマロリーの制作や経緯を詳しく調べているようです。
このブログを見たんでしょうね...でも私は客観的にしか説明ができないので 連絡網を駆使してなんとホント久しぶりの常岡氏と連絡がとれました。

このギターの製作者です、彼なら情報はバッチリでしょう。それにしても久しぶりだなー 元グヤのSさんが連絡先分かっていたので大助かりです。TELで”佐渡の久保です” ”おー 憶えてます”てな具合で解決です。

是非顔を見ながらお話をしたいですね、そう富岡さんもね お二人とも私にとっては大事なグヤつながりなんで。

ブラザーB君記録更新!2008/07/15 00:14

ブラザーAB君大物GET
たった一泊で来たブラザーB君 そう兄弟のA君も一緒でした。

すごく条件は悪かったんですが.....渇水状態のまま....でも.いいタイミングのポイントにフライを落としたようです。

48cmの岩魚がフライにきたんで、やはりそのまま引きずり上げられず、もう一人がウデを水の中に突っ込んで引き上げたようです。この時は私は同行せず、行き先だけガイドしておきました。

割と小さなタマリにポンとおいたフライにパクッときたそうです、やはり意外な所ってのがよくあるんでね。

まだまだフライ派にもチャンスはあるね、目標は50cmかな?みなさんだんだんフライの大きさが大きくなっていってるみたい。通称”アマゾン系フライ”これがいいんです。

ラインも太くしないと切れますよ、特に飲み込んだりしたら 歯で切れちゃうね。

その後の同行でも 惜しい所で40cmクラス逃がしてましたが、このへんの対策が今後の課題でしょう、何か考えてみてください。

さて今日は大雨で すごい雷もありました、明日あたり何処か行ってもいいかな?ムービーも添付されていたので、後日HPにアップします。
本日ムービーアップしました、拡張子を変換して うまくいってるかな?

http://fregate.jp/movie8.html