釣りは少しお休み2009/08/01 22:28

8月の田んぼ
さて8月になってしまいました。

でもお天気は.....どうしたのかな?温度低めですし、梅雨もまだスッキリしません。と言っても 8月はさすがに仕事が忙しくなり、やはり暑いのでつりにはまずでません。

今日が最後かと(思ってるだけですが)一本入ってみましたが、リールにトラブルがでたり、あまりつれなかったりで帰って来ました。

お祭りの準備もやりながら、いろんな意味で空模様が気になる今日この頃ですが 先日北五十里の田中さんが、彼の家から5分くらいの川で 自己最高51cmの岩魚GETしました。

サシミにでもしようかと思っていたそうですが、横浜のTさんの所に送ることになりました。まあ向こうではけっこう大きなトピックになるみたいなので、そちらの方が有効かもね?

写真は現在の田んぼの風景ですが、この低温傾向で作柄に影響がでないといいのですが?

PS 先日も東京の方からメールをいただきました。必ず返事は書いているのですが、今回は送信できずに返ってきました。愛想のないヤツと思われるのも困りますので、是非アドレス等御確認下さいね。

赤泊港まつり 20092009/08/04 00:55

赤泊港まつり
....に行ってきました。

小木のT電気屋さん 不幸があったそうで、急遽前日にTELがあり 現地でのPA依頼されました。

一人ヒマなおじさんに声をかけて いっしょに行ってもらって、助かりました。だって拠点が3箇所あるんです、配線引っ張りまわすだけで時間がかかります。

ま 基本的には然程大きくないシステムを3つ持って行けばよかったんですが、しょうがない一箇所を除いて(遠すぎ)ワイアレスと長いけどワイアーをひっぱりました。

さてお祭りは....なるほど海上相撲大会がメインなんですね、それに続く手造りダンボール船の競争までは沢山の人がいてかなり盛り上がってます。でも”おけさ踊り”やテープでの踊りの時はあまり人が見ていなかった。

両津での祭りも年々人出が少なくなってきているので、何処でも同じなのかもね?なんとかならないかな!

海上相撲は 外人(USA)さんが優勝、初めてだそうです。ま 相撲は日本人(いやモンゴルか?)のはずなんですけど?

花火までは時間があったんですが、なんとちょうど雨が.....雨中花火となりました。テントがあるから見てるうちはいいけど、やはり雨中撤去となりました、W君おつかれさまでした、ビールにクリームパンはいかがでしたか?てっきり弁当が出ると思ったんだけどな!

商工会のWさんも....おせわさまでした!そう地元のK電気さんメール下さいね。

両津七夕祭り20092009/08/09 19:50

七夕前夜祭 両津
お天気はどうもイマイチぱっとしない8月です。

なんだかまだ梅雨の状態ですけどね?梅雨明けはいつかな?

温度は低いので 仕事はしやすいですが、ジメッとした感触はどうもね。そして6.7.8日と空模様を気にしながらの、七夕祭りです。

写真は 我がNPO法人主催の前夜祭で、ギターを教えている女子高生が出演した時のものです。

6日なんですが、南中のリコーダ部 海星幼稚園のお遊戯 ソロのハワイアン オジサンのフォークソング オバサンのカラオケ 若者のカラオケ 私の旧メンバー 還暦バンドに女子高生バンド、そうリードギターに中学生をいれて2曲やったり 真野からもオジサンバンドが駆けつけてくれて.....みなさんおつかれさまでした!

若者カラオケメンバー達は我われよりも早く現場に来て、掃除からセッティングまで手伝ってくれました。市からは一銭もお金が出ないので、すべてボランティアです。中学生や女子高生も最初からお手伝いしてくれました、ありがとう!

ジュースの一本でも出したいのですが、当NPOに財源はナシ ゴメンネ ゴメンネ! まあ当方も現場からは離れられないので、朝から終わりまで食事は抜き 近くの販売機からのお水だけです。

まあ 食事があっても食べる気にはならないので大丈夫、終わってからゆっくりと一杯やった方がいいでしょう。

7日は 結局雨天のため”おけさ流し”は またドームでやることに、輪になって盆踊り形式です。鼓笛や子供の山車は残念でしたが、夜には街を流せたみたいです。

8日 花火はなんとかお天気も持ってくれて、恙無く行えました。どこのお祭りも予算が少なくなってきて、やりくりが大変でしょうけど こういうときこそ行政や市民がいっしょに協力しないといけないはず。

でも今までの流れを変えることができるかな?みてるとけっこう適当に流してたようですが?6日の前夜祭 ちゃんとやってるんですが、祭りの打ち合わせには呼ばれませんでした、聞いたら”忘れてた”ですって....そーか!

多田のふるさと村祭り20092009/08/14 23:38

多田ふるさと村祭り
さて また祭りです。畑野は多田(おおた)の”ふるさと村祭り”ですが、相変わらずタイトルどおりで突き進んでますね。

こういう地域は、会場が一箇所にまとめられるので やり易いです。両津だと”夷”と”湊”と まず二箇所に分かれているのと、大きな公園などまとまって催し物ができる場所がない。

おんでこドームも 一年に一度のお祭りでも”うるさい!”といって文句を言う地元住民がいてまずまとまりがない。これも地域の文化かもね?いつも誰かが足を引っ張る地域性。

でもここ多田はまとまってるね、きっと一番みなさんの寄付が多いのでは?勿論小言を言いながら作業をしてる人もいたけど、おおむね団結してやってる感じ。

いっしょにお手伝いのW君も”うらやましい”と言ってました。いつもの花火も、特に最後は連発で、不況を乗り越えようとの掛け声とともに打ち上げられました。ヤケクソとみえないこともないですが(失礼)、まあどうせならあのくらいやっちゃった方がストレス解消にはいいか?

写真は台船から客席側をみたところです、けっこう人がいっぱいですよ。お天気もよく作業もやりやすかった、でも夜になってからの温度.....秋ですけど大丈夫かな?

トピックが....実行委員長のA電化さんのSP 上にのっけっておいたホーンがなんと 花火の前にやった”よさこい”調の音源の低音で、そう その振動で前に移動 水中に落下しました。もう片方もあさっての方をむいていて危ない所。もう暗くなっていたのでわからなかった、ドスン ジャボンって音がするまでね、でものせたのは本人だからね。

その引上げ作業も多田らしい。きっと誰かがロープを持って飛び込み、縛ってから、引き上げると......ちがうのね、サザエ獲りの棒を持って来てあっと言う間にひっかきあげっちゃった、すげー技だ!1mくらいあるサザエでも獲るね。

Marty Friedman /Tokyo Jukebox2009/08/18 23:12

Marty Friedman /Tokyo Jukebox
お盆にあわせてESPの高橋が帰ってきました。

いつもサット来てサット帰るので、ゆっくり話す時間がないことが多いのですが 久しぶりに私の部屋で夜中まで雑談しました。

いつもどおり、ギターの話や 音楽の話題がメインですが、さすがにお互い60歳....”いやー還暦だよ、まいったなー”的な話も。

仲良しマーティの話題も当然でたのですが、Tokyo Jukeboxという彼の新しいCDの音源も持って来てくれたので、ちょいと聴いて見ました。すべて日本の曲です、ちょっと古いのから皆が知ってるメロディーまで。

まだジックリとは聴いてないんですが......おー マーティ節で飛ばしてますな。リフはヘビメタ系の重い感じで、相変わらずカチッとしたつくりですね。

普通ギターリストがメインだとギターの技巧に走りがちですが、マーティは 曲の構成を中心に考えて、その中にギターをはめ込んでいく手法かと思ってます、まあ唄ナシってなかなか難しいと思いますが、次に会ったら聞いてみようか?

高橋も何回か録音に立ち会ったそうですが、いろんなギターを取り替えて試してみて 結局そこにあった安物が一番いい音してたりして?だそうですよ。

やっぱり”天城越え”がはいってます、佐渡でセッション(http://fregate.jp/martyfriedman.html)した後にトロピで打ち上げの時、マーティが歌ったカラオケが”天城越え”だったんで、かなり好きみたいですよ。そういえばTVで石川さゆりとやったり、紅白でもでてたみたいですね。

マーティにはジャンルの壁はないんですね、ギターと同じで予想外の角度からはいってきます。それと....いつもギターの音がいいですね、TV等でちょっとした簡単なセッションでもきちんとした音がでてます。ま 本人はいじれないので、きっとスタッフがやってるんでしょうけど?

普通の歌謡路線の方、我われ還暦ロッカー、今風の曲もあるので若い世代の人も 是非聴いてみてマーティ流解釈を体験してみては?

<収録全12曲>「TOKYO JUKEBOX」AVCD-23839 \3,000(tax in)
 1.爪爪爪/マキシマム ザ ホルモン     7.TSUNAMI/サザンオールスターズ

 2.GIFT/Mr.Children         8.雪の華/中島美嘉

 3.天城越え/石川さゆり         9.駅/竹内まりや

 4.Story/AI           10.世界に一つだけの花/SMAP

 5.ポリリズム/Perfume        11.ロマンスの神様/広瀬香美

 6.帰りたくなったよ/いきものがかり   12.明日への讃歌/alan

写真提供: 株式会社ハウミック
〒106-0045東京都港区麻布十番1-7-11麻布井上ビル

マーティの『サムライ音楽論』2009/08/22 01:12

マーティの『サムライ音楽論』
前回に引き続きマーティねたです。

以前彼が佐渡に来た時、両津の港に着いてから 南線経由で真野の会場まで来たんですが、途中湊の町並みを見て”こんな景色みたことない”と言って写真を撮ったり、いっぷくした畑野のH家の庭に感動したり。

あの時点では 日本の田舎の景色に触れてなかったようですね、そうスタジオやステージ、楽器店、レコード店(CDか)など まあ大体が都会だろうね。

宿泊は地元のYホテルだったんですが、布団で寝るのは初めてで それも写真を撮って、後日東京で新聞のコラムに紹介していたり、”窓にグリーンのカエルがいたよ、アフリカみたいだ”って言ったり......そりゃただのアマガエルじゃないのって高橋と笑ったけど。

お寿司を食べに行った時は ネタだけとって醤油はつけないし、こちらの既成概念はあまり共有してない感じ.....ということは 彼の考え方や音楽の嗜好(志向)などを知る事は、私達の通常の視点を客観的に見つめるいいねたになるかもしれませんよ?

そう言えば ”英語でしゃべらナイト”でのやりとりにもアナウンサーが”えー!”っていう そんな場面がありました。

さて”ハウミック”さんから”マーティの本がでてるんです”と言う連絡ありました。生まれや育ちがゼンゼン違う そして名の知れたアーティストである彼の分析....面白いんじゃないかな?

写真 資料提供 株式会社ハウミック


[ 主な内容 ]
 「福山雅治の楽曲構成力はビーチ・ボーイズ級」「クリスマスソング風のアレンジが嵐の曲をハッピーにする秘密」「木村カエラはマドンナ、Dragon Ashには華原朋美(!)の影響を感じる」など、独自の視点から斬ったJ-POP論で人気を集める日経エンタテインメント!の連載「マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り」。このたび、2008~2009年の原稿をまとめた、単行本第2弾が発売となります。
 宇多田ヒカル、EXILE、コブクロ、Mr.Childrenといったビッグネームから、Perfumeやジェロ、alanなどのニューフェイスまで、最新ヒット100曲以上を“メタル斬り”。「カラオケ好きの日本人は詞を切って歌うクセがある」「メロディー重視のJ-POPではベースの低音が消えつつある」など、ミュージシャンであり、アメリカ出身であるマーティだからこそ分かるサウンド分析も満載です。
 さらに単行本オリジナル企画として、既にアメリカから移住して5年以上となるマーティが“ここが最高!ニッポン”と感じるツボを紹介。「渋谷109」から「レストランのBGM」「コンビニの期間限定お菓子」まで、日本人には当たり前すぎて気づかない“ニッポンのよさ”をマーティが語ります。
 J-POPという音楽と、日本という国の素晴らしさが再発見できる。そんな1冊です。

2009年7月23日発売
発売元:日経BP社
価格:1365円(税込)