エアコン室外機修理2017/06/29 22:20

室外機修理
トロピのエアコン修理です。

よくある症状は、ガス抜けで利きが悪い....漏れている箇所があれば補修してガスを補充する。
室内機が点滅して動かない.....室外機の基盤交換かな?
今回は違うな....よく見たら室外機のファンが倒れてる あらファンを支えてる支柱(金属製)の下部がさびて腐食 で 倒れちゃったんだね。
さて、めっちゃアナログ作業ジャン、知り合いの工事系電気屋君に来てもらいいっしょに作業開始。
このてのやつ(単200Vパッケージ)は囲いのパネルを外さず、プラスチックのガードをはめてあるタイプなので、これだけ外せばいいみたい。
ある意味作業は簡単、2本の棒を義足のように針金でしっかり腐食した金属の両側に固定。
水抜きの穴にも回してずれないように針金をまわし、念のため後ろのラジエター?部との間に手ごろな木片(棒)をおけばずれることはなさそう。
最後にファンが周りに当たらないか確認して作業は終わり、念のため防錆塗料(スプレー)をその辺に吹き付け多少の色違いは無視。
メーカーでは絶対やってくれない修理だね、費用はスプレー2本と針金、そのへんにあった木片類なので2000円くらいだけど まあ2~3年はもちそうだ。
東芝製なのでここは弱いけどコンプレッサー類はすごく丈夫みたいなので助かるなー 買い替えだったら、なんやかやで20万円くらいいくね。
こういう問題があったら一度パネルを開けてみた方が良いですよ。
一般型なら上部パネルはずして前パネルはずすタイプが多いみたい。
基盤系は電気屋さんへ。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kubos.asablo.jp/blog/2017/06/29/8606801/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。