北五十里2006/12/02 00:49

そしてこの写真が今の状況です。Tさんの家は真ん中あたりで 前の古い写真は北側(上)から撮ってます、またこの写真で上が北 下が南です。

友人(ローカルTVに勤めてました)が航空写真を撮っていたんですね。これも何年か前ですから、これより増えても減ってるなんてことはありません。

時間が経てば また魚が戻る事もあるでしょうが、あまりにも景色が変ってしまい 寂しい限りです。未来はコンクリートで固めた朱鷺の舞う島ってとこでしょうか?

最近 佐渡汽船の経営状態が(悪い)話題になったり、身近な人が自殺したり イメージ暗いので早く来年になって気持ちを入れ替えたいですね。

最近雨が続いてますが、山に白い物が 予報も山は雪みたいです。スタッドレスに変え始めました。 

 [続く]

北五十里2006/12/02 00:25

前にちょっとでたトピックの続きです。

佐渡じゅうコンクリートだらけって言うお話ですが、ここ北五十里に住んでいるTさんが、写真を持ってきてくれました。

この写真が以前の海岸の姿ですね、建物(船小屋)はりっぱなものじゃーありませんが、水辺は自然のままで魚もたくさん、季節になるとモズクも採れました。ここに見えるコンクリートは低いので最低限のものでした、これで十分と言ってます。

Tさん 時々台風で小屋が流されても、自然の方がいい 高いコンクリートに囲まれるのは精神的にも息苦しいと言ってます。海岸がどんどんコンクリートで囲まれていってます。佐渡へ海釣りに来る人達はきっとこれらの変化を実感していると思います。

そしてそれが川にも来てます、ダムや堰堤の類がぞくぞくできてます。なんとかならないものでしょうか?佐渡から自然をなくすと何も残りませんよ、朱鷺を飛ばすのもけっこうですが他にもしなくっちゃならない事あるのにね、まあその朱鷺も養殖(中国産)ですけどね。

次の写真が今の海岸ですね。 [続く]

小野見川2006/11/23 21:37

この写真はお気に入りです。

もちろん自分の姿にではなく、周りの景色がです。この先 なにかすばらしい渓相がありそうじゃないですか、いや ありましたよ。

意外と魚はすごくはなかったですが、ここ小野見は景色がすばらしかった。何年か前に大雨で破損した場所があったんですが なぜかそこの修理だけではなく大改造が行われてすっかり景色が変っちゃいました。

友人とつくったパノラマ写真が その筋で大評判となりK氏のところには全世界からメールがきています。世界中のどのサイトをみても我々がつくったような 水、魚(自然の)、草木、森などのコラボレーションありません。

もし 小野見が昔のままだったら もっとすごいパノラマ写真できたでしょうね、頭に浮かぶポイントがいくつもあります 残念!

http://japanos.xii.jp/qtvr300/full_VR/fullVR_top.html

この中にあります よかったら見てやってください。

屋根2006/11/22 00:52

先日 雨だったんですが、今日は(21日)穏やかな天気となりました。

先日の雨で2Fに少し雨漏りか?にじんでる部分をみつけたので、雪が降る前に補修しましょう。

ホームセンターで瓦の補修材を購入、さっそくハシゴをかけて 久しぶりの屋根の上です。屋根の上 けっこう好きですね。

職業柄 ANT修理などで屋根に上がることもしばしばですが、これまた景色も日頃見れない場所からなので興味深い物です。我が家は各TV局のモニター(監視)業務も委託されているのでANTがたくさんあります、そう各局ごとにつけなければなりません。

こうやって上がった時に点検もできますから 一石二鳥ね。両津ではUX-40 TENY-42 NST-44 NHK教育ー46 NHK-48 BSN-50 とFM 86.5 で 新潟本土から一度海面に反射させて、立ち上がったところをドンデン山にある中継局で受けて それをUHFと FMは波長だけ変えて送っています。
私の所にステーションの鍵を預かっていますので、山で泊まりたかったら NHKの建物に寝袋その他食料の備蓄もありますからキャンプできます.....しませんけどね!冬期間のトラブルに対応してるんですね。係りはカンジキはいて冬でもトラブルあれば上がります、すごいですね!こんな時 私は鍵を渡すだけです。

釣りにはぜんぜん関係なかったですね、まあ日々のローカルトピックです。
雨ふらねーかなー.......補修の結果がわからん!

その岩魚2006/11/20 00:17

これがその時でてきたやつですね。2枚の写真 時期は違います。

ここのポイントは今でも健在ですが 先の大物ポイントはダムのせいでみごとに消滅してます。

近年 何度かこちらの残ったポイント行って見ましたが何も反応はなかったです。みなさん ここの登り口をみても、まさか魚がいるとは思わないでしょうね、とくに大物なんかはね。

こんなタマリで.....2006/11/19 23:59

前回の水中写真のポイントのちょうど7~8m手前に流れ込んでいる小さな支流です。

現場は写真で見るよりは小さくて、ちょっと見過ごすかもしれないような場所です。そうですね幅は1mくらかな?

初心者数名と釣りに来ました。当時 地元に派遣されていたNHKの記者さんも同行(モチ趣味でね)してます。

ここに潜んでいるのは分かっていたので、いつになく慎重にルアーを”ポイッ”と落として軽くひきますと、右の岩の下 しかも手前から でかいのが 47cmです。ここのタマリの上も下も ただの水溜り程度ですから魚はみなさんの見ているすぐ足元にドテッと現れてバタバタやってます。

NHKのSさん ”ほんとかよー!” なんでこんな所にこんなのがいるのか、やっぱり信じられないですよね。 [続く]

もう一枚水中写真2006/11/19 00:22

釣りを始めたころ 大物第一号をGETしたK川のタマリです。

小さな滝の右側が多少開けていて、その奥に隠れ家があるんですね。これはちょうどその滝が落ちている下部が深くなっていて、魚が開けた場所とここの深みをウロウロしています。

お魚さんが そちらに泳いで行くのが見えたので この辺にいるだろうと予測をして、カメラ(現場監督)をつっこんでパチリ!

後で現像してみると いました。

そろそろ冬かな2006/11/17 19:41

外にでたついでに 金北山の写真撮ってきました。

梅津川の近くなので ほぼ両津市外.....少し北側ですか。例のさかな祭りのあった日あたりから、山は雪になってたみたいです。街中はみぞれ混じりの雨は降りましたが、まだ白くなってません。小型車は入川へぬけられると看板でています、まだ大丈夫なんですね。

来週にかけてまだ15~6度という予報なので、タイヤは取り替える予定なしです、まあ準備はしてありますけど。

借りてたビデオカメラ 一度返したんですがまた借りてきました。テープ(DV)の中にHPにアップできる映像があるかも?チェックしています。

写真はいっぱいあるので、またネタ探しましょう。

魚祭り2006/11/13 01:47

12日 さかな祭りでした。

プロの釣り師の方ですね、両津の魚市場で毎年開催されています。

お天気は 午後のジェットやフェリーが欠航になってます、そう よくないです。でもかなりの人が欲にかられて(失礼)やってきました。

野菜(農協)もでて 安いです、私も早い時間にPAのセットで来ていたので、速攻買いました。今回は歌手さんも来るのでお仕事ありです。

歌手は新潟出身(塩沢)のHさん、女性です。ケラケラと笑う声に聞き覚えが、2~3年前にも来てますね。民謡調ですね とても声量ありますのでフェーダーあまり上げなくて済むのでハウリング等心配なくてやり易いです。

市場の中で予算もないので 当然の如く電源不足気味です。綿飴やらヒーターやらあちこちで使っています、20Aも危ないくらい。だからBOSE等能率の悪いSPは使えません。

古いYAMAHAひっぱりだしてやっつけました。2ステージ終了後 マグロの解体ショーでしめくくり2時30分に終了です。最後 まだ残っていた甘エビの入った無料味噌汁をいただいて、撤去もバンドのメンバー(ベース)がいたので手伝ってもらい帰宅しました。

朝 6時に起きた(4時に寝た)ので ネムイ!

水中写真~手づかみ(反則)2006/11/11 00:52

コイツは静止してます。

新潟のローカル テレビで”幻の岩魚を手づかみで”というタイトルを見まして チャンネルを合わせてみました。

コメンティターが”すごい技があるんだそうですね?”と言っていっしょに山の中へ.......。かなり奥みたいで 流れも小川状態です、そう佐渡の川 どん詰まりまで行くと同じような景色あります。

そこで おじさん腕をまくって 岩魚がいそうな岩の下に手をつっこんで 捕まえてます。でも こりゃ技じゃないでしょう、この手の場所はそれより先には行くとこないんで魚は動けません。そういう所で歴史的に育ってる魚は動かない習性もあるでしょうし、袖とかシャツが濡れるの覚悟すれば誰でも獲れますよ。

我々も何回かつっこんでかなりでかいのも捕まえましたが 面白くないですよ、このパターン。魚がいることだけ分かれば後は簡単です、ホント奥にじっとしていて動きませんから。オーいるいる、よいしょ です。

写真の岩魚も 入っていくのが見えたので”現場監督”をつっこんでパチリです。